【鳥飼いの写真室】令和元年 #6『初秋の空』


なんと美しい夕日...。

手持ちのコンデジで、適当におまかせモードで撮影したので、ガンガンに赤い玉とか出ちゃってるし、電線まで写り込んでおりますが、まぁ...きれいな夕日だった...っていうのは伝わったかな...なんて思います。


夏至の頃は、日没時間が午後7時くらいでしたのに、9月も終わりになると一気に日が短くなってきた感がありますね。


空...高いなぁ...



雲がどうやって出来ていくのかは、水蒸気が上空にのぼって...なんて...子供の頃に習った記憶はあるのだけど、雲の形は様々だし、それぞれ高度が違ったりするのって、他にはどういった条件が作用しているのかまでは教わったことがない...。

まぁ、そういったことに興味があるなら、あとは自身でお調べなさい...ってことなんだろうけど...。


旅客機かと思ったら、違ったみたい。


木漏れ日も、だいぶやさしくなってきたね。


ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!