【鳥飼いの雑談室】平成31年 #1『アロマ系柔軟剤やめました』


4月1日(月)、ついに新しい『元号』の発表がありました。

『令和』(れいわ)...

とても響きのいい美しい元号だと思います。

わたくしは、このブログの記事タイトルには必ず元号を使ってまいりました。
それは、やっぱり日本人なので、そこんところにこだわっていたいのですよ。
なんつったって、世界で『元号』というものを使っているのは、我が国『日本』だけなのですから...。





今回は、アロマ系柔軟剤のお話。

わたくし、1年ほど前に数ヶ月の間『アロマ系柔軟剤』というものを使っておりました。

それはやはり、通常よりも香りを楽しむことに特化し、アロマという形で加香された柔軟剤によって、香水ほどはキツクない程度で、エレガントな香りを、自然にふんわりと、オサレに身にまとってやろうじゃないの!!ドヤ!!...そんな考えからでした。

まぁ、あれですね...人生それなりに年月を重ねていくと、いろいろと気になってくるお年頃なわけで...そんなこんなで、いわゆる10年くらい前からおっぱじまった

香り系柔軟剤ブーム

ってやつに、遅ればせながら、まんまと乗っかったクチなのでございます。

いらすとや

で...そうやって毎日の洗濯で、アロマ系柔軟剤をルンルン気分でバリバリと使っておったわけなのですけども、これがですね...続けていくうちに、何だか...だんだんとその柔軟剤の香りというものにうんざりするようになってきたんですよね。

特にタオル!!

洗顔後に顔を拭いたり、手洗い後に手の水気を拭き取ったりした際にガツンと鼻腔に侵入してくる、あのむわっとむせるような甘ったるい香り...。

最初は、それほど気にならない...と、いうよりもむしろ、あえてそれを望んで使い始めた柔軟剤であるのに、それらの香りが、ものすっごくしつこく感じ、とにかく不快に思うようになったんです。

そこで、まずしたことは、同じ銘柄で香りの種類を変更すること。

まぁ、例えば『フローラル系』から『フルーティ系』...みたいな感じで...ちょっと爽やかなものにしたらまた違ってくるのではないか....なんてね...


ですが...これ...わたくしの嗅覚がおかしいだけなのか、逆に良すぎるからなのかは、わかりませんけれども、結局のところ、同じ...だったんです。

どういうことか言いますと、洗濯終了後はそれぞれ違った香りなのです....でも、乾いたのちに着用したり、使用しているうちに、次第に前のと同じ香りになってくる...。

これのことを香水などで言うところのラストノートというものなのでしょうか...どの種類も最終的に同じなんですよ。

それならば『アロマ系柔軟剤』ではなく、同メーカーにある普通の『消臭系柔軟剤』にしてみたらどうだ...?

Pixabay

はい.....結果は、香りが控えめになるどころか、もっとキツイ...

やっべーよコレ...マジで使うんじゃなかった

と思わせるレベルでした。

やはり、使い始めは『これは...イケるかな?』...なんて思ったりするんですけどねぇ...結局は使用回数を重ねるごとに、何だか思っていたのと違う、自分にはぜんぜんよろしくない香りになっていく...。

アロマ系消臭系も、あとあと残るニオイがだんだん耐えがたいものになっていくって、いったいどういうことなのでしょう?(あくまで個人の感想です)

....と、いうことで、以来わたくしは、これらの香りがキツイ系柔軟剤の使用をやめたのでございます。

pixabay




ところが...やめた...だけでは終わらなかった...。

香り系柔軟剤、そして消臭うんたら柔軟剤の使用を停止し...さぁ、これでスッキリと不快だったオイニーから開放されるぜ!!...なんて思っていたら...そんな簡単なものではありませんでした。

すでに柔軟剤として使用してしまった衣類やらタオルには、あの気分が悪くなるニオイが蓄積されたように、ガッシリと残っており、1度や2度洗い直したくらいでは、なかなか落ちてくれないのです。

やっとこ落ちたか...と思っても、タンスにしまって数日後に出すと、ゾンビのごとくニオイが復活しているではありませんか。

そういえば...いつ頃のだったか、某アロマ系柔軟剤CMで、こんなキャッチコピーがありましたよね。

ホニャララ週間香りが続く...


全部を香りが消えるまで洗い直すのはめんどくさいので、もう、ここは仕方なく我慢をしてサイクルに任せていましたけど、気にならなくなるのに、だいたい2ヶ月はかかりました。





おそらく、多くの方々は、それらの香りを楽しんで毎日のお洗濯をしていらっしゃるのでしょう。

香水の方が香りとしてはキツイですが、香水の方がリセットは早いと思うのです。

まぁ、わたくしの鼻がニオイに対してちょいと敏感過ぎるのでは?...ってことだけかもしれないのでしょうけれどね。


ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!