【鳥飼い日誌】平成30年 #17『暖房器具設置準備』


秋も深まってまいりました.......と、言いたいところなのですが、11月も半ばに差し掛かろうって頃になってようやく....ようやくですよ。

天気予報のお姉さんやらおじさんやらが口々に『今年は季節の移りがゆっくりめですねぇ』などと仰ってましたけれども...。

さらに、この冬は暖冬になるとかいうお話で、このまま日本の気候はどこまで変化していってしまうんでしょうねぇ。

いらすとや

ま、そのことを不安に思ってどうしようと悩む時間があったら、どんどん暖かくなっていくこの状況を受け入れて、人間が心地よく生活できるような、より良い方向で対処を考えていった方がいいです。

だいたい、『地球温暖化対策』なんて20年以上も前から国内・海外のあちらこちらで言ってますけど、何が変わったって、温暖化がより猛スピードで進んだことくらいですよ。

ま、それは置いといて....

でね、ふと思い出して、昨年の活動記録を読み返しておりましたら、隊員どもの暖房器具として使用している『暖突』を出したと記事にしたのは平成29年の10月25日でございました。



ウロコ部隊本部があるのは、神奈川県横浜市。

神奈川県だから.....と断定するわけではありませんが、ウロコ部隊では、未だ室内の温度が20度を下回ることがないのです。



隊員どもがいる部屋は、基本的に窓を開けることをせず、他の部屋の窓を開けて換気等を行っておりますもので、その分隊員居住区の温度が下がらない....ってことかもしれません。(^^♪

あとは、古い鉄筋建物の最上階なので、お日様の熱が屋上からバンバン伝わってくる....ってのもあるかな。

これって、冬はいいけど、ここ数年続いている酷暑の夏は、かなりツライんですよね。( ̄д ̄)




さて本題へいきましょう。

ウロコ部隊では、だいたいひと月に1度のペースで隊員宿舎(ケージ)周りの大掃除ならぬ中掃除をいたしております。


今回は、先ほどの話のように、いくら室温がまだまだ高いから大丈夫であるとはいえ、急に気温がドスンと下がり、おいおい、暖房器具が必要じゃねーか!!.....なんてことになっても慌てないために、『暖突』本体と、その電源等の準備だけはしておこう....ということで、掃除がてら、諸々万端整えることにいたしました。

フン切り網と水入れ&餌入れ、それから周辺にちょっと散らかった餌ガラ等については、毎日ちょろちょろと、こまめに清掃していますので、月に1度の全体清掃は、それの範囲拡大という形で行っています。


隊員どもには邪魔をされては困るので、宿舎内で待機してもらいます。

宿舎の下部分を外すため、ウンチをされても大丈夫なように、こうして広告の上に中で待機する隊員とともに置くのですが、これが不思議と彼らは下に降りようとしないんですよね。(^^♪

普段フン切り網がある状態に慣れているせいか、違和感が半端ないのかなぁ?

当然のことながら、上段から清掃します。

この写真に見えている、メタルラックの背面と側面にある壁は、『ポリカ中空ボード』というもので作成したものです。

わかりやすく言うと、プラスチックでできた段ボールみたいなもので、『プラダン』などと言われることもありますが、透明度と強度があります。

DIYショップやホームセンターなどに行くと、ブラウンスモークとか半透明なものとか、いろいろありますのでご興味のある方は参考までに...。

リンクを貼ろうかと思いましたけど、実際に目で見た方がわかりやすいのでやめておきます。


『中空』というだけあって、中に空洞がありますので、防寒防音を兼ねてこの素材を使いました。

後方角にはプラスチック製のアングルを両面テープで固定して隙間をなくしています。


ウロコ部隊での取り付け方法は、内側に角材を使用し、外側からメタルラックを挟んだ形でネジ留めしましたが、これですと結構角材のところにゴミが挟まってしまうんですよね。

ですので、板に穴を開けて結束バンドで固定するといった方法の方が簡単でいいかもしれません。


前面については、メタルラックの奥行よりも、現在彼らの宿舎として使っている『サンコー・イージーホームバード40』の方が長さがありまして、5cmほど手前に出っ張ってしまうため、とりあえずは扉を付けるなどの措置はしませんでした。

宿舎の暖房に『暖突』を選んだのも、このためでございます。

『暖突』は、日中お日様が出ていると『暖かい』と感じるのと同じ原理の、輻射型遠赤外線による暖房器具ですので、風が吹き荒れるような場所でない限り、周りを完全に囲う必要は必ずしもない....というわけです。

こういった話は『熱伝導』だとか『熱輻射』だとか、ちょーっと小難しい話になってしまいますので、今回はスルーします。(^^;





全て宿舎内部と宿舎周りの清掃が完了いたしました。(^^♪


朝、彼らを起こしてすぐに清掃を始めちゃいますので、隊員どもは、この清掃作業終了になったとき、やっとこ朝の食事ができるんですよ。

なので、こんな風ににガツガツ状態になります。

喉も乾いちゃったよね....すまないねぇ.....。




『暖突』のための電源も準備完了です。

これで、いつでも『暖突』が使用できるようになりました。


次回は、『暖突始めました』といったお話.....になるかな.....。(^^♪

ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!