【鳥飼い日誌】平成30年 #10『6月その①』

『うろきち隊員』です。

梅雨の最中、彼に換羽期ってぇやつが到来いたしまして、現在はこれこの通りのツクツク状態...。

実を言うとわたくしってばですね、こういう状態...えーと、わかりやすく言いますと、こういったカサカサとしたものが大量に生えた状態、もしくは隆起した状態を目の前にしますと、ムズムズとしてきて無性にそれをかきむしりたくなる衝動に駆られるのでございますよ。

これね...、なかなかわかってくれる人がいないのですけど、例えば焼き魚の料理で『甘鯛の松笠焼き』っていうのをご存じでしょうか。

松笠

あえて鱗(うろこ)を取らないで焼く魚料理で、わざと鱗を残すことによってカリっと鱗を立たせて松笠(松ぼっくり)のように見せるというものなのですが、これが実物はおろか、写真見る...というか、想像するだけでもムズムズが止まらないって感じでダメでしてねぇ...。

参考資料として写真を載せることすらわたくしのハートがマジヤベェので、お時間のある方は『甘鯛の松笠焼き』でググってどうぞ。(^^;

ハゲしく同意していただける方がいたらうれしい......

...つか、話を元にもどしまして...ようするに、そういったものを見ると、気持ちが悪くなるとか、鳥肌ものになるだとかではなく、その形状を破壊してツルっとなめらかにしたくなるってやつなのです。

あぁ...、ほぐしたい...、いや、ほぐさせろ。
(งꐦ☉д☉)ง ハァハァ...

だがしかしです...、この『うろきち隊員』...、抱っこは自ら要求するほど大好きでも、頭を触られるのは激怒するほどに大嫌いという、変なところで神経質な性格の持ち主であらせられますので、毎度こうして換羽時期にツクツクだらけになっちゃっても、一切何も手出しができないのでございます。

まぁ、そうですね...、『うろきち隊員』換羽期というのは、わたくしにとっての精神修行の期間である...と言っても過言ではありませんな。(๑•̀д•́๑)キリッ

まぁ、わたくしの勝手な、ほぐほぐしたい欲望だけでもって、彼に無理強いしたところでですよ...、猛烈に噛みつかれてボコられるだけですので、そもそも手出しなんぞできっこないのですけどね。




ところで、年に数回訪れるこの換羽期...、季節に沿ってだったり、繁殖期なんかに合わせて衣替えをするように羽が生え替わる...というのが自然界では、ごくごく当たり前な現象なのでありますが、ウロコ部隊では、4羽ともに同時期ということがなく、けっこう季節に関係なく個々バラバラに始まります。


これは、おそらく、ウロコ部隊本部内の気温が1年を通して、さほど大きく変化しないため、いわゆる四季感がないってことが原因であると思われます。

換羽の行程は、羽が抜け落ちる期間が、1週間程度、ワサっと抜け落ちた後に新しい羽が出てきてツクツク状態になり、約2週間のちにはきれいに生え替わっている...と、まぁ、そんな感じで、これは4羽ともにほぼ共通です。

ま、だいたい全行程3週間くらいというところでしょうか。


換羽~次の換羽までの間隔というのも、だいたい全員が似たようなものなので、時期が隊員によってバラバラというだけで、それ以外は特に問題ないと考えています。




さて、この換羽というのは、古く傷んでしまった羽を新しい羽に衣替えするというものです。

『衣替え』なんて言葉を使うと、人間にとっての『服』みたいな存在と捉えられがちですが、鳥類にとっての羽毛とは、飛翔だけでなく、全身を覆い、保温し、身体を守る、いわば『アーマー(防具)』のようなもの。

我々人間だって毛髪が抜け落ちて生え替わりを繰り返していますけれども、人間の場合はいつの間にやら勝手にやってるという感覚ですので...そりゃ、たくさん抜けちゃったらハゲちゃうんじゃないか...なんつって心配になるけれど...無ければ命にかかわる...なんてことは、とりあえずありませんよね。



換羽期は、新しい羽を大量に作り出さなければならないことから、ものすごいエネルギーを消耗するために、栄養面で注意が必要とのことですが、こちらについては、隊員どもの主食がペレットでありますので、あえて何かサプリメント的なものを与えることは現在しておりません。

おやつは頂戴しているでありますけどね。

あとは、『換羽期は精神状態が不安定でイライラしやすい』という点ですが、隊員どもにおいて、これは今まで特別そう感じたことがないのです。

まぁ、そう思うひとつの理由には、ウロコ部隊での放鳥は、1日に1~2回、時間は1回につき30分程度と、比較的あっさりベース系でありますので、彼らからしても、わたくしを鬱陶しいと感じる前に宿舎(ケージ)に戻っているため....と、そんなところなんじゃないかなぁ...と...。(^^ゞ

宿舎でまったりする時間って大切であります。





で、結局このツクツクはこの後どうなっていくのか...と言いますと

とりあえずきれいになってる。

自分では羽繕いをすることができない顔周りなのにどうやっているのか?

こうやってるんです。

こんなちっちゃな頭で道具を使うことを思いつくとは...本当にウロコインコって賢い鳥です。(^^♪


ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!

ウロコインコはこちらから↓↓↓

にほんブログ村

散歩・散策はこちらから↓↓↓

にほんブログ村



人気ブログランキング