【鳥飼い日誌】平成30年 #7 『5月その①』


ウロコ部隊で導入する新しいモノに関して、彼、『たつのすけ隊員』は、毎回敏感に反応します。

それは、自分らが使うおもちゃ等について...だけではなく、わたくしの持ち物であったり、着るものであったりと...、とにかく真新しいモノであれば、その全てに、とりあえず過剰反応をしてみるという徹底ぶりです。

ま、過剰に反応するってのは、すなわち『ビビってパニくる』ってことなのでございますが...。

なので、せっかく良かれと思って購入してきたモノが、彼のビビりメーターの振れ具合により、まことに...非常に...残念ながら、導入却下されるなんてことも、多々あったりするのです。


その、新しいモノへのジャッジは、今年に入ってさらに基準が厳しくなりましたので、彼が目にしたことのない何かをウロコ部隊に運び入れる...なんて時には、この小うるさい隊員の反応を予測した上で購入するかどうか考えなければならないわけでして...。

さらに、この彼のビビりアラートは、食べるモノについても例外なく発動されます。

たとえ、それが『おやつ』であったとしても...です。





先日、このようなものを購入してきました。

『アビーケーキ』というもので、シードドライフルーツペレットを、ごちゃまぜにし、おこし状に固めたおやつであります。

シードをおこし状に固めたおやつといえば、以前に購入したことのある

ニュートリベ...

・・・。

ニュートリベリー

という名のおやつと似た形状ではございますが(メーカーは一緒です)、今回購入いたしました『アビーケーキ』は、個々にバラバラなスナックっぽい形ではなく、板チョコ...もしくはのし餅のように平たい板状に固めてあります。


この状態から、どうやって与えるか...については、その都度割ってもよし、面倒であれば、あらかじめ全て適度な大きさに割って密閉容器などに保管してもよし...って感じでしょうかね。

今回わたくしは、あらかじめ適度な大きさに全て割って保管することにいたしました。


以前購入の『ニュートリベリー』が、カラリと乾燥していたのに対し、この『アビーケーキ』はしっとりとしていて、その感触をわかりやすく例えるなら、和菓子の『五家宝(ごかぼう)』と似た感じ。

一応、同じ分量に割りやすいように縦横にくぼんだ線が入っているのですが、そもそもがしっとりしているので、線のとおりにはパキっと割れてはくれません。

小さく割ろうとすればするほどバラバラと崩れてしまう。

ですので、このくぼんだ線は、同じ分量に分けるための、おおよそ目安としての線であると見た方がよろしいかと思います。(^^♪

...と、まぁ、そんな風に、隊員どもが、このおやつをおいしそうに頬張る姿を想像しながら、せっせと小分け作業をしたんですがね、このおやつを目の前にした『たつのすけ隊員』は...といいますと

三角ベッドへ逃げる...。

『ニュートリベリー』のときは、全く問題なかったのに、いったい何が違うというのでしょうか...。

この後、何度か時折知らんふりして餌入れにポイっと放り込んでみましたが、結局『たつのすけ隊員』だけが、この『アビーケーキ』を食べることはありませんでした。

隣で『うろきち隊員』ポリポリ食べているのを見ても全くダメ...。

なんつーか...

『たつのすけ隊員』ってさ、妙なところで頑固なんだよね。


ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!




おまけ

『たつのすけ隊員』久々の出演でございます。


YouTubeで『ウロコ隊うろたつ班』の動画を見る




ウロコインコはこちらから↓↓↓

にほんブログ村

散歩・散策はこちらから↓↓↓

にほんブログ村


人気ブログランキング