【鳥散歩】平成30年 #7 『4月その② 大岡川』


神奈川県では、ぼちぼちソメイヨシノも見納めでございます。

『咲いたらあっちも行こう、こっちも行きたい!!』なんて、毎年のことながら、欲張ったことを考えておりましたが、やはり、ソメイヨシノの開花期間が短いということもあって、結局、行きたかったところの全てを今年も巡ることはできませんでした。

ただ、神奈川県では花見を楽しむ場所としてなかなか人気の高い桜の名所と言われている『大岡川プロムナード』には満開の素晴らしくいいときに行くことができたので、とりあえずは満足しています。


この『大岡川プロムナード』の川沿いには、長距離にわたってソメイヨシノを中心とした桜が植えられています。

花見客で大賑わいするのは、京浜急行弘明寺駅横浜市営地下鉄弘明寺駅の近くにある弘明寺商店街がある辺りなのですが、わたくしはゴッチャゴチャと人がいるところが少々苦手でございますので、この日(H30/3/29)は、もう少し上流の桜がまばらな辺りから散策スタートいたしました。


比較的静かな場所を選ぶ...。

わたくしの場合は、こうして鳥や風景などの写真を撮りたいから...というのが主な理由でございまして、人混みで他の方々の通行の妨げになってはいけないと思う気持ちとか、自分も撮影に集中したいからとか...まぁ、そういった感じです。

やっぱり、風景を絵に描く方々も同じなのかな。(^^♪





水辺といえば定番のカモさんです。

たいていの水辺には、こうしてカモなどの水鳥がいますのでね、特に珍しくもなんともないですし、鳩の次くらいに撮影しやすい被写体ってやつでして...。

でも、あのつやつや・ふわふわした質感を想像させる羽毛とか、カモのフォルムってのが結構好きなのでございますよ。

一度でいいからモフモフしてみたいなぁ...なんて...。

あ、そう思ってるだけですよ。思ってるだけ。(^^;


こちらは水鳥...ではありませんが、この子の名前はハッカチョウといいます

漢字で書くと『八哥鳥』

パっと見、なんだか目つき悪いし、カラスみたいに真っ黒で、なんつーかこう、邪悪な雰囲気ってやつを醸し出しているような鳥なんですけど、こう見えて鳴き声は、非常に耳に心地よくて、しかも超かわいかったりします。

知る人ぞ知る、まさにギャップ萌え...な鳥とも言えるでしょう。( *´艸`)


さてさて、下流の方へやってまいりました。

この辺りまで来ると、水の量もぐんと増えて流れも緩やかになってるので、川面に落ちた桜の花びらがきれいです。


あぁ、ここにもありましたねぇ。

小鳥が蜜を吸ったあとの桜の花です。

せっかく満開で今が一番美しいときなのになんちゅーことをしてくれちゃってんの...なんちゃって思ってしまいますが、これが落ちているということは、その桜の木に小鳥がいるという目印...、そ~っと静かに桜の花の合間を見ると...。

モフモフなおしり発見。 

 スズメです。

ムクドリもいました。

先日はヒヨドリも、蜜を目当てに桜に集まっていましたし、桜の花って彼らのご馳走なのでしょうね。

桜って、それほどまでに甘い蜜を蓄えている花だったのかと不思議に思ってしまいます。

でも、花が根元からぶった切られて、丸ごと落とされてしまいますから、ゆくゆく実を付けることができなくなる...という意味では桜にとっては困ったこと...なんじゃないかなぁ...なんて思ったりして...。(^^;

メジロ 

鳥好きなわたくしといたしましては、こ~んな風に桜と小鳥を、しかも至近距離でもって、一緒に撮影できることは非常に貴重なことでありますし、うれしいことでもあります。

今年、まだこれからソメイヨシノの見頃を迎える地域の方々、お花見に行ったときは、そ~っと桜の花の奥を覗いてみてください。

かわいらしい小鳥と出会えるかもしれませんぞ。(^^♪



ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!

最後までお目通しいただきまして、あざすっ!! また寄ってってね。(^^♪

散歩・散策はこちらから↓↓↓

にほんブログ村

ウロコインコはこちらから↓↓↓

にほんブログ村


人気ブログランキング