【鳥散歩】平成30年 #6 『4月その① 柏尾川』


えぇ?...、また桜なのぉ?いくら桜が時期ったって、もういい加減お腹いっぱいだっつーの...。(*´Д`)

なんちゃって思ったりして...ますよねぇ、やっぱりねぇ、うんうん...。

あぁ、まぁ、ここのところ、さすがに桜ネタ連発してますんで、そろそろ見出しの写真だけでスルーされそうな気が...。

よし、わかりました。(=゚ω゚)ノ

今回はちょっくら方向を変えてまいりましょう。(^^♪


...て、言いながら、普通に桜の写真撮っちゃってたりして、普通に桜並木をふらふらと歩いちゃったりして...これじゃなぁ~んも変わんないじゃ...

お!? (/・ω・)/

ぬぉ!?

まぁ...、『おかめ』ときちゃったら、やはりオカメインコともずぶずぶな関係を持つわたくしといたしましては、当然と言えば当然に反応するワードですよねぇ。

ところで、この『オカメザクラ』って何ぞや?ってんで調べてみましたら、『カンヒザクラ』『マメザクラ』という早咲きの桜2種類を交配させてできた品種なのだそうです。

(ウィキペディアより)
 カンヒザクラ 
 
(ウィキペディアより)
マメザクラ

比較的低木の種類なので、園芸用に栽培されることが多いようですよ。

ただ、残念なことに、このときすでに花が、ほぼほぼ散ってしまってまして、かろうじて残っていたのがこちら


すでに葉っぱも出てしまってます。

若干下向きな感じで咲く姿は、最初の写真の桜と似ておりますが、散り具合に違いがあり過ぎるので、おそらく別の種類でしょう。

ウィキペディアによりますと、この『オカメザクラ』という名の由来は『おかめ』にあると記されているのですが、なぜ『おかめ』なのかってところまでは説明がありませんでした。

日本におけるカワイイってイメージだったのかもしれませんね。

カワイイ...?




この『オカメザクラ』は、神奈川県横浜市のJR戸塚駅近くを流れる『柏尾川』にありました。

この『柏尾川』にも、けっこう立派な桜並木がございまして、この時期は週末になると、たくさんの花見客で賑わいます。

この日は平日でしたので、近くの保育園の園児たちもお花見してました。


川沿いには、桜並木がある辺りの遊歩道の他に、こうしたゆったりとした護岸遊歩道もあるので、シートを広げての花見客は、そこで楽しんでいました。

桜の花を愛でるために徒歩で訪れる方々の妨げにならないってのはいいですね。

風情を楽しみながら歩いている最中、横でどんちゃん騒ぎされてはガッカリしちゃいますから。


ただ、いつもこの護岸遊歩道辺りを牛耳っているカラス先輩たちにとって、うじゃうじゃと人間ばかりいるくせに、たいしたおこぼれも頂けないこの状況は、いささか迷惑であるようです。(^^;

もうちょっとの辛抱だよ。



場所は変わって、ソメイヨシノとは違う色の濃い桜に、ヒヨドリが蜜を求めて集まっていました。



蜜を求めて桜に集まる小鳥は多種類いますが、その多くの子たちは花の根元にある蜜を食したのち、花を丸ごと下にぼとぼと落としてしまうのですけれど、彼らはじょうずに蜜だけ取ってましたね。




神奈川の桜の見頃も、そろそろ終了が近づいてまいりました。

まだまだ見たいところがたくさんあるのに、なかなか回り切れなくて若干焦っております。

ついつい、桜も1ヶ月くらい咲いていてくれたらいいのに...なんて思ってしまいますが、こうして開花期間が2週間ちょっとしかないからこそ、わくわくしちゃうのですよね。(^^♪

...って、結局今回も普通に桜の話だったじゃん...。(^^;



ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!

最後までお目通しいただきまして、ありがとうございます。
また来てね。(^^♪

散歩・散策はこちらから↓↓↓

にほんブログ村

ウロコインコはこちらから↓↓↓

にほんブログ村


人気ブログランキング