【雑談】今年一番の月光を浴びて


あぁ・・・、やっぱり冬の満月って、空気がキリっと澄んでいるからか、本当に美しいですよねぇ。

指揮官所持のカメラレンズでは、これがいっぱいいっぱいで、どれだけ美しいフルムーンであるかお伝えするのが難しくて歯がゆいばかりなのですが・・・。

・・・にしても、月の光で自分の影が地面に現れるって現象は、太陽の光とはまた違う、太古より続いているんだというロマンを感じます。(なんつって)

Pixabay

それはさておき、数日前からやけに月がデカく見えるよなぁ?・・・と思っておりましたら、2017年12月4日の満月はスーパームーンでございました。(12月4日午前0時ちょい過ぎ頃)

しかも、今年一番大きく見えたのだとか・・・。

大佐、気が付いてよかったでありますね。
大佐:お・・、おう・・。 ( ̄Д ̄)ノ

『えぇぇぇぇっ?見逃しちゃったよ!!』という方々・・・、ご安心ください。

実は来月・・、つまり新年が明けてから一発目の満月が本当のスーパームーンなので、次回2018年1月2日の満月でまた大きな月を見ることができますよ。

スーパームーンというのは、月が地球に最も近づくのと満月がタイミングよく一致したときをいうもので、その間隔は『満月14回ごと』であると言われています。(月は地球の周りを楕円を描いて回ってまふ)

前回のスーパームーン2016年11月14日でした。

今回2017年12月4日の満月は、それから数えて13回目なので、本当はスーパームーン1つ前ってことになるのですが、今回の満月は2017年では一番大きく見えたという点で、ほんなら2ヶ月連続のスーパームーンでいいじゃん・・・ってことになったのでしょうね。

年末と年始に絡んでいるのもひとつのポイントでしょうか・・・。(^^♪

ほっぺに『満月』を持つ男『桃次郎』

ちなみに、今回の満月と来月の満月を地球からの距離で比較すると、来月の方が1000kmほど地球に近いって話です。

日本列島の長さが、おおよそ3500kmと言われていますから、その3分の1の距離しか違わないわけですし、宇宙空間においての1000kmなんて、たいした差ではありませんな。

Pixabay

2018年1月31日には、3年ぶりに『皆既月食』も見ることができますので、年明けから続く冬の夜空のイベントに今からワクワクです。(^^♪

お天気になるといいなぁ。



ほんじゃ、今回はこここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!

最後までお読みいただき、ありがとうであります。また来てね。(^^♪




にほんブログ村


人気ブログランキング