【道具】暖突隊、撤収しました





黄金週間(ゴールデンウィーク)の中頃に、気温もだいぶ・・というか結構高くなりましたので、もう冬まで使用することもないだろうと、冬の間、隊員どもの暖をとるために大いに活躍していただいた



『暖突隊』

『湯たんぽ隊』
 
 
電気あんか隊』


この3隊を撤収いたしました。



おいおい、ウロコ部隊って、そんなに寒い!?
(写真:Pixabay)


ほんで、大佐イタい奴。

指:は!? (@_@。
 
 
いえいえ、冬の間、この3種の暖房器具を全て同時に使用していたわけではございませんよ。


ウロコ部隊では、夜間就寝時には、隊員どもの各宿舎に、こういった
 
 
 
『おやすみカバー』
※鎖は地震対策です。(一応の)
 
 
を掛けてから毛布をメタルラックの前面に被せるため、宿舎の屋根に設置している『暖突』は使用することができなくなってしまうのでございます。


まぁ、正直な話、これって『湯たんぽ』に湯をいれたりする作業が、チョ~面倒くさいので(上段3と下段3で計6個使用)、何度か『おやすみカバー』無しで『暖突』をそのまま使って寝かせようと試みたりしたことはあったのですが、宿舎周りを暗くしても、いつまでもキャーキャー騒ぐバサバサ羽ばたく大はしゃぎで眠ろうとしてくれなかったため諦めました。



アレ、新しいお遊びじゃなかったの?


『おやすみカバー』を掛けて、完全個室にしてしまわないと、お隣の仲間の気配がはっきりわかる状況では、調子乗りまくりで就寝モードになってくれないようです。
 
 




ふ、ワシらをなめてもらっちゃ困るでありますね。

指:何の上から目線だよ?



今年の冬は、暖房道具が、それぞれ2年目の使用でしたが、『湯たんぽ』が一つ、フタのパッキン部分の損傷により、お湯漏れを起こしたため処分したくらいで、あとは特に異常もなく『暖突』も無事2度目の冬を越してくれました。



えがったえがった。


あぁ、『湯たんぽ』のお湯漏れの方は、隊員どもの宿舎へ使用する前に気が付きましたので、ノープロブレムでございますよ。(お湯漏れについては毎度必ずチェックしています)



で、宿舎周りにあった全ての暖房道具をバッチリお片付けしてしまってから、ふと、あることに気が付きました。


あ・・、水浴びの後どうすっぺ・・。
(写真:Pixabay)



そうなんですよ。


いくら部屋の気温も20度を切ることがなくなってきたとはいえ、水浴び後のずぶ濡れ状態では、羽毛が乾いていく過程で、隊員どもの体温が奪われていくのではなかろうかと、そういう心配をしてしまうわけです。


でも・・・今年は全員2歳を迎えることだし、そこまで過保護に彼らを扱うというのもねぇ・・・。






もうバッチリ片付けちゃったしさ。






ま、だいじょぶじゃろ。(あっさり)
 
 
ちょうど隊員ども全員が、揃いも揃って現在換羽中でありまして、筆毛ツンツク状態でございますので、体力の消耗を防ぐためにあまり頻繁に水浴びをさせておりませんから、問題はないかな・・・と、このように思うわけであります。(答弁風)
 
 
 
↑↑水浴びでほぼほぼしか濡れない。↑↑
 
 
 
暖かくなると、いろいろと寒さだなんだと気をつかうことがなくなって、ラクチンでございますね。
 
 
 
 
ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。また来てね。
 
 
 



にほんブログ村



人気ブログランキング