じつは『あるある』尾羽カキカキ



2017年4月。


我がウロコ部隊の第1隊員である



マンゴー




え!?


あ・・・・(違)



『うろきち隊員』2歳になりました。
※何日か・・ってのは不明。


そんな、ちょいとばかし


お・と・な💛


になった『うろきち隊員』は、現在自分の尾羽を使ってセルフカキカキをすることに、どっぷりとハマっております。



『自分の尾羽』・・と、言いましても、羽繕い中などに、はらりと抜け落ちた



こういった『尾羽』


これを使用して首周りにグサグサとぶっ刺しながらカキカキする・・・わけではなくてですね、おしりから、今まさに、美しく生えている現役バリバリの『尾羽』を、贅沢にも惜しみなくバンバンとカキカキに使うのでございます。



で・・、それ、どんな感じなのよ?



あぁ・・・、それなんですけどね・・・、それがそのぉ・・・、この『尾羽カキカキ』・・・『うろきち隊員』が、静かにまったりとしているとき限定の行動なんですけれども、そのような、まったり状態にありましても、彼ってば指揮官の動きには非常に敏感でございまして、ちょっとでも指揮官に動きがあると、まったりタイムがスパっと解除されてしまうんですよねぇ。(ワタクシ、常に見張られておりますもんで・・)



では、指揮官がいちいち動かずとも、三脚などを使って確実に撮影できる



定点撮影



という方法を使って動画に収めようにも、指揮官所持のカメラは、残念なことに録画時間が10分を超えると熱暴走を起こしてしまうため、それもできず・・・。



そんなこんなで、幾度となくカメラでの撮影を試みてはいるのですが、毎度そ~っとカメラに手を伸ばした時点で発覚し、未だ成功できてないのでございます。


どんな感じなのか、想像していただけるかわかりませんが、似たような・・、といいますか、イメージ的には



こんな・・・いや・・・違うな・・

もはやヨガ


手順としては、まず1本の尾羽の先端を足でググっと握り、その先端をクチバシまで持っていった後、クチバシでくわえ、その状態のまま片足でもって首周りをカキカキするといった感じでございます。


いや、これだけ複雑な体勢を、延々と持続できるって、どんだけ体幹スゴいんだか・・・。



でもこれ、いろいろな方のブログを拝読させていただいていると、なかなかけっこうな割合で同じように尾羽を使ってカキカキする・・・なんて話もあったりして、いわゆる一つの『あるある話』ってことのようでございますねぇ。



んで、そうやって尾羽をガッシリと握ってカキカキに使用するので、その尾羽は



結果、こうなっちまいます。


ウロコ部隊に在籍している4羽いる隊員の中で、このような赤い尾羽を持っているのは『うろきち隊員』だけですのに、なんとももったいない・・・。


とはいえ、指揮官と同様、ハマったらトコトンやり抜くバカまじめで凝り性な『うろきち隊員』でございますから、飽きるまでは仕方がないのです。



ところで・・


このカキカキ行動って、例えば猫さんもよくやっている



こういうことと同じなのでしょうかね。


まったりしているときの行動・・という点では似ているような気もします。




ほんじゃ、今回はここまで。 (=゚ω゚)ノまたなっ!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。また来てね。



にほんブログ村



人気ブログランキング


※一部写真

Pxabay